風評被害をいかに防ぐかは1つの課題でもあります

1月21日 - by admin

風評被害が起こるとは

事件や事故が発生し、ありもしない噂話が流れてその個人や団体、近隣の人たちまでも巻き込まれて被害を被る場合があります。大抵はマスコミなどが真実でないことを根拠にしていたり不適切な報道をしたのが原因となって引き起こされる場合が多いものです。自然災害で有害物質が発生して農作物などに被害が及んだときとか、ある食品会社に異物混入があったり食中毒が発生したりすると、まず従業員が疑われ故意にした人間がいるとかのあらぬ報道がなされる場合があります。

風評被害の現状について

まず報道や噂が流れるとそこで生産された農産物や食料品は買わないという方向へ進み、その会社はもちろんのこと他の会社も売れ行きが悪くなってしまいます。こうなると無関係な立場であっても死活問題に発展します。このような事例ではその損害を被った人たちについて風評被害対策支援金が支給されるという事例も過去には存在します。原発事故においては正しい情報を伝えなかったことで起きており、後になって公共の電波を通じて、この程度では健康には被害はなく安全であると何度も繰り返し報道して来ています。

ネットにおいて今後の対策や方法としては

最近ではインターネットの発達で掲示板やSNSから情報が流れたり風評被害が伝わるケースも増えて来ています。企業における注文がキャンセルされたり採用でマイナス面を持たれたり、企業の業績にも影響を与えることになります。回り回ってそれがマスコミに取り上げられる場合もあります。そして悪質な場合にはプロバイダーの管理者によって調査が行われ本人を特定して処置が講じられる場合もあります。又、こういう風評被害に対してこれを専門に対策を行う業者も存在します。その場合にはサイトから無料の一括見積も取れて紹介してもらえるようになっています。

風評被害対策とはネット上で根拠のない噂により経済的ダメージを受けるような書き込みがあった場合、サイトの管理者に書き込みの削除依頼をすることができます。