魅力的なHP制作の考え方とは!普段からHPを見ている、あなたなら分かる内容とは?

1月22日 - by admin

読み易いHPとは、どの様な制作内容か

読みやすいHPとは、実はその様な形が決まっているのでは無く、様々な要因から読み易さと言うのは変わって来る物ですよ。例えば、大学生は頻繁に辞書などを利用する事によって、辞書などの様な内容の方が読み易いと思われる方もいますよね。勉学に興味の無い方にとっては、辞書の様な内容は読み難いと判断される可能性もあります。文章量が多いHPを読んだ後に、文章量の少ないHPを見ると読み易いと感じる事もあれば、逆に、文章量の少ないHPから文章量の多いHPを読むと、読み難いと思ってしまう事もありますよね。つまり、読み易さと言うのは、絶対的な物では無く、相対的な物でもありえると考える事が重要と言えるでしょう。ただし、句読点や読点の位置はしっかりと押さえる事は、共通して言えますよ。

本文に対する領域は、出来るだけ大きく設ける事

HPの中には、本文と広告などの領域が同じぐらいのスペースで制作されているサイトがありますよね。よくよく考えれば分かる事に、本文の横の領域が狭いと言う事は、同じ本文量でも段が多くなってしまいますよね。読む側は頻繁に、目の筋肉を使って、行の始まりと終わりを移動させながら読んで行く事になりますよ。つまり、目に負担を与える事になり、目が疲れて来る事によって不快感を与え、コンテンツの魅力を損ねてしまう可能性だってあります。特に、三カラムで作成する場合は注意が必要であり、出来るだけ本文の領域を大きく設ける事が重要と言えるでしょう。

ユーザーの視点に立って考えよう

HP制作を行う場合は、自由な表現で制作する事が出来ますが、HPへ訪れる人は何かしらの情報を得たい思いで訪れで来ますよね。例えば、今日、ケーキ屋で買ったケーキが美味しかったと言う内容は、ケーキは基本的に美味しい物であり、特に知りたい情報とは言えないでしょう。ここに、青森産のリンゴを使ったケーキは、まるで果物の王国で作られているケーキの様で美味しかったと言えば、果物の扱ったケーキを探している人にとっては、有益な情報に変わりますよね。何だか難しい様な内容ですが、実は至って簡単で、日本語には形容詞と言う飾り付けの言葉が豊富にあります。言葉に対して、綺麗に飾り付けを行なって行く思いを養って行く事によって、言葉に対する表現を豊かにして行く事が可能ですよ。それは、まるでスポンジケーキにデコレーションをして行く様な姿であり、絵を描く事でも言葉の表現力を高めて行く事が可能です。この様な方法で、HP制作を行えば、魅力的な輝きをも作り出して行く事が可能ですよね。

ホームページ制作は、文章や図画写真、動画など必要なコンテンツファイルが揃っていれば、テキストエディタだけでも行うことができます。動きのあるページ、ユーザー操作に応答するページでも作ることができます。