放ってはおけない!?ネット誹謗中傷の恐ろしさ

1月22日 - by admin

ターゲットは大手だけではない

インターネットを閲覧していると様々な掲示板サイトが存在していることが分かります。その中を覗いてみると、場合によっては誰もが知っているような企業の口コミなどの情報が書かれています。その内容が良い印象を与えるものであれば構いませんが、大抵は読んだ人にその企業に対して悪い印象を与えてしまう内容が書かれています。また、よく探してみるといつも利用するお店や地域にある会社のことも書かれていることがあります。今や中小企業もネット掲示板での対象となります。

他人事ではないネットでの炎上

昨今ではよく炎上という言葉を耳にするかと思いますが、言い換えれば多くの人にその事柄が知れ渡ったということでもあります。例えばそれが企業に対して悪い影響があるものであれば、炎上というのはもはや他人事ではなくなります。中小企業では中々そこまでの規模になることはありませんが、ネット誹謗中傷は放っておくと時に大きな被害をもたらすこともあります。自分の会社は小さいから、と油断せずに定期的にネット内をパトロールしてみることも必要ではないでしょうか。

大手企業も利用するネット誹謗中傷対策

小さい会社であればネット誹謗中傷の被害もあまり大きくはなりませんが、全国展開しているような大きな会社になれば場合によっては24時間体制で監視するなども必要になり、自分達だけで被害を防ぐにも限界があります。そこで、ネット誹謗中傷の被害を最小限に抑える業者を利用します。もちろんそれなりにコストはかかりますが、そのコストよりも誹謗中傷による見込み被害額の方が大きければ利用する価値は十分にあります。ネット誹謗中傷に心当たりがあれば業者に相談だけしてみるのも良いのではないでしょうか。

逆SEOとは、検索結果の上位に来てほしくない内容のページをなるべく検索結果の下位の方になるように、特定のキーワードのページを作って目立たせにくくする手法です。