アイディア次第で使い方は無限大!ネットワーク監視カメラ

3月12日 - by admin

ネットワークカメラとは

ネットワーク監視カメラというと、なにか怪しい響きを感じますよね。昨今テレビのニュースなどでも取り上げられることが多い盗聴や盗撮なんかをイメージしてしまう方も多いかもしれません。たしかに盗撮目的で使用するカメラも監視カメラですから同じといえば同じなんですが、道具というものは使う人間がいかに使うかによって変わってくるものなのです。ここでは建設的なネットワーク監視カメラの使用方法をいろいろと見ていきたいと思います。

ウエアラブルカメラの可能性

監視カメラにはいくつかの種類があります。その場でハードディスクやメモリーカードなどのメディア媒体に記録していくものと、リアルタイムでインターネット回線を通じて視聴することができるタイプのものです。一般的にインターネット回線を利用するカメラのことをウエアラブルカメラといい、受け手側のハードディスクやクラウド上に録画することも可能です。このカメラの特徴はなんといっても遠隔地の状況をリアルタイムで把握できることにあるためいろいろな利用方法が考えられるのです。

インターネット監視カメラの利用方法

一般的なものでは外出時に家に残してきたお子様やペットなどの状況を観察するために利用される方が多いですね。何の理由もなく赤ちゃんを置いて外出されることは少ないと思いますが、公共の交通機関を利用する場合などはペットを家に残して外出することは少なく無いでしょう。体調を崩している時だけでなく、可愛いペットが主人が留守の時に寂しくしていないかを確認するのにインターネット監視カメラは大活躍します。その他にも旅行中の防犯カメラとしても重宝しますね。長期不在でも遠隔地から異常を発見できればそれだけ早く警察に通報することも出来るわけです。これからの時代、ウエアラブルカメラの可能性はもっと大きくなっていくことでしょう。

ネットワーク監視とは、パソコン、スマートフォンなどに、外部からの侵入が発生しない様監視するシステムの事です。