物理的には存在していない通貨!ビットコイン

3月13日 - by admin

仮想通貨と呼ばれる理由

ビットコインとは、インターネットを経由して使える暗号通貨、仮想通貨のことです。オンラインで使える通貨と捉えても支障はありませんが、金融機関を通しているわけではないのでオンラインバンキングとは違いますね。物理的な紙幣、コインなどでは無いので実感が沸きにくいという人も多いかもしれません。しかし安全性が向上している昨今では、使い勝手もよくなっていて流通額は年々凄い勢いで上がっています。利用者は世界中にいますよ。

ビットコインの特徴と変化

元々は一部の人達が使っている仮想通貨でしたが、現在では一般化しつつありますね。現金化した時の価値が大きく変わりやすいのも特徴で、ゴールドや株に近い価値の変動を見せています。そのため投資に使いやすくもあり、リスクも時にはあるといえます。時間の流れによって価値が変わる通貨となっています。利用自体は手軽さが魅力で、決済時にも手数料が発生しない傾向にあります。使い方次第でメリットが変化するのが特徴といえますね。

電子マネーとは少し違う

ビットコインというと電子マネーに例えられることがありますが、実際には少し違います。電子マネーはお金をチャージするなどして使うもので、決済方法の手段です。電子マネーを使うことで決済がラクになることはあるので、そういう意味ではビットコインに似ています。ただしビットコインは通貨自体の換わりになっています。そのためビットコインをお金に交換して利用する事ができるのです。活用すれば交換し続けることで利益を得ることもできますよ。

ビットコインとは仮想通貨になります。個人間で直接送金ができる便利さがあるという大きなメリットがあります。