インターネット上のトラブル!?誹謗中傷における対策とは?

3月14日 - by admin

インターネット上での情報発信

インターネットの普及により誰でも気軽に情報を発信できる世の中になってきていると言え、それに伴う様々なサービスが存在します。ホームページやブログでの情報発信からソーシャルネットワークサービスの利用による情報発信まで様々な方法で、世界中の方と交流する事もできるでしょう。操作においても充実したサービスのおかげで簡単に行える場合もあり、深く考えずに情報を発信できそれが後のトラブルにつながる場合もあるかもしれません。

匿名性が高いからこそ

インターネット上では個人情報における取り扱いにも注意が必要であり、個人を特定するようなサービスにおいては敬遠される場合もあり、ニックネームなどで利用できるサービスも多く匿名性は高いでしょう。その匿名性が仇となり、誹謗中傷などもトラブルとして挙げられます。普段は気の弱い人間でも匿名性が高いと人に対して強気になれる場合もあり、誹謗中傷などもエスカレートしていく可能性があるかもしれません。これに対する対策も検討して、快適な利用を行いましょう。

誹謗中傷における対策とは

インターネット上での誹謗中傷などにおけるトラブル回避のためには、情報発信の際にそれが誰かの不快感を煽らないか検討してから発信すると良い場合もあるかもしれません。中にはストレス発散などで誹謗中傷などを行う方もいらっしゃる場合があり、これに対して返答をしてしまうといつまでも終わらない可能性もあるので、相手にしないのも一つの方法です。ホームページやブログにおいてはコメントなどを自由に残せる場合には、ひどいものは削除していくと良いでしょう。

誹謗中傷対策として、一番にやることは警察への被害届の提出です。個人なら名誉棄損、企業なら業務妨害罪等で訴えを起こしましょう。